そもそもミネラルって何???

Pocket
LINEで送る

前回、毛髪ミネラル検査とはとう記事を書きました。

☆前回の記事はこちら⇒『毛髪ミネラル検査』https://namimakana.com/wp-admin/post.php?post=232&action=edit

記事では、毛髪ミネラル検査とはどんな内容で、何が分かるかなどを述べました。

しかし、そもそも、ミネラルって何なの?って思う方もいらっしゃるかと思います。

『何で必要なの?』

『何に良いの?』

『どんな種類があるの?』

などなど、疑問もあるかと思うので、私自身が勉強している事を書いて行きたいと思います。

 

ミネラルって?

ミネラルとは、5大栄養素(脂質、糖質、タンパク質、ビタミン、ミネラル)の一つだと言われています。

5大栄養素は、健康な身体を維持する上でとても重要な栄養素です。

そう、ミネラルは栄養素なんです☆

これだけでも、ミネラルの凄さが少し見えて来ました☆

ミネラルを英語で表記するとmineral=鉱物、鉱石、(栄養素としての)鉱物質となります。

 

(栄養素としての)鉱物なんです!!

 

鉱物って言ったら、山とか、土とか、石とか、そんなイメージがありませんか??

でも人間の身体の中にもあるんですね☆

そして、人間にとって必要な栄養素なんですね☆

私、英語が苦手なので、意味が分からない単語とかあると右の耳から、左の耳へと

スル~

してしまうんですが、日本語に直してみたら、納得出来ちゃいました☆

じゃぁ、このミネラルですが、一体身体にどのくらい必要で、どんな種類があって何に必要なのかなどをこれからひも解いて行きたいと思います♪

身体の中にどれくらいある?

ミネラルは身体を細かく見て、細胞レベルで・・・いや、それ以上に細か~く分子・元素レベルで見た時に現れます。

そうです。生体を構成する主要な4元素(酸素・炭素・水素・窒素)以外の総称なんです。(無機質とも呼ばれています。)

この4元素は身体の96%を占めていると言われます。

そして残りの4%がミネラルで出来ています。

体重60㎏の人だと・・・2.4㎏がミネラルという事ですね☆(結構あるなと私は思いました💡)

この4%のミネラルは、骨や筋肉の元となったり、
ホルモンを作るお手伝いをしたり、酵素のお手伝いをして、体の調子を整えたり・・・

といった重要な役割を果たしています。

身体の中にミネラルが過剰になり過ぎても

足りなくても身体は不調を来すという、

バランスがとっても大切な栄養素さんなんです☆

このミネラルが身体の中から全てなくなってしまったら、人間は生命を維持できないんです💦

身体で作れないミネラル

何と、衝撃な事実があります!!

この、ミネラルさん、実は人間の身体では作る事が出来ないんです!!(>_<)

なので、必ず食べ物や飲み物で摂っていく必要があります!!

 

 

以上の事からも、人間の身体って自然の中で育まれてるんだなぁっていうのが、本当に理解できます。

ミネラルを摂って下さい!とか、

ミネラルが足りてない!って、

世の中には色んな情報が流れていますが、

その中でも、何が本当に大切で、知っておく必要があるのか

情報に流されずに、自分で自分の身体に責任を取って守って上げれるようになりたいですね☆

この情報が一人でも多くの方の支えや応援になれれば良いなと思ってます☆

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)/

🌸NamiiMakana🌸

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 毛髪ミネラル検査

  2. カリウムってご存知ですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。